ケアプロストはまつ毛育毛剤!まつ毛を太く濃くする効果がある

きれいなまつげを持っている女性

パッチリとした印象的な瞳を手に入れたいけれど、まつ毛やまぶたに負担となりやすいアイメイクは出来るだけ行いたくないという方には、自分の自前のまつ毛を育毛して長く太さを出すまつ毛育毛剤の利用をおすすめします。

今までまつ毛のお手入れというと、ビューラーやマスカラ、つけまつ毛やエクステを多用しすぎてダメージを受けてしまったまつ毛に対して、ダメージ補修をしてくれる美容成分が配合されたまつげ美容液を利用する方法が一般的でした。専用の美容液は、まつ毛に不足している美容成分や潤いをトリートメント効果でコーティングし、外部からのダメージから保護したり、コンディションを整えてくれる効果が期待できます。ただ、既に生えている毛にハリやコシを出して、抜けにくくする効果があっても直接的な育毛効果はありませんでした。そこで美容液では満足出来ないという方を中心にまつ毛育毛剤が人気になっているのです。

現在、育毛剤は様々な種類がありますが、その中でも特に利用者が多いとして人気があるのがケアプロストです。このケアプロストは育毛効果である有効成分ビマトプロストが配合されており、まつ毛の根元部分に対してアイラインを引くようにしてひと塗りすると、育毛成分が毛包に作用して発毛を促したり元々生えている毛を太く黒々とした状態に育毛することが出来ます。ただ、ケアプロストを利用する上で注意しなくてはいけないのが、元々は別の目的で開発された医薬品であることです。ケアプロストは元々緑内障や高眼圧症の治療に使用されていた点眼薬だったのですが、使用上の副作用としてまつ毛が長く伸びたり太くなる作用がありました。

この作用が注目され、現在では臨床試験を行った上で睫毛貧毛症の治療薬としても利用されるようになっています。そのため眼圧を下げて、緑内障における視野の悪化を抑える作用を持っているので、治療を必要としない瞳に薬剤が入ってしまうと、充血や痒みなどのトラブルが起こる危険があります。そしてケアプロストを実際に目元に塗る場合も、まつ毛の根元以外の部分に薬剤が付くのは色素沈着を起こす原因となるため、使用量を必ず調節して塗ることが重要です。塗布する際に使用するアプリケーターは、片目ごとに新しいものに交換することが鉄則ですし、万が一薬剤が垂れたり、他の部分に付着してしまった場合は、素早く拭き取って取り除くようにしましょう。初めて利用する方で不安があるなら、医療用のマスキングテープやワセリンでまぶたを保護しておくと薬剤が付着するのを防ぐことが可能です。