まつ毛エクステが危険だと言われている理由は?

魅力的な目元を目指すためにも、手軽に長さや上向きの美しいまつ毛に仕上げることが出来るまつ毛エクステは幅広い女性に人気があります。日本人は元々欧米人と比較してもまつ毛の生えている本数や、長さが短い特徴を持っているので、欧米人のようなフサフサのまつ毛を目指すならつけまつ毛を利用するか、まつ毛エクステが非常に有効です。

最近では専門サロンも増えてきており、誰でも気軽に施術が受けられるようになっています。またエクステを目元に装着すれば約3週間は効果が持続するので、その間はアイメイクをしなくても魅力的な目元を維持することが出来る上に、クレンジングによるまぶたへの負担が減るメリットがあります。しかしエクステを装着する上で注意しなくてはいけないのが、エクステなど人工毛は自分の自前のまつ毛に専用グルーで取り付けます。そのため自まつ毛へのダメージを極力減らすためには、退行期に入っているまつ毛に装着することが鉄則です。しかし成長期の時点でエクステを取り付けてしまうと、これからどんどん伸びていくはずのまつ毛に余計な物を貼り付けることで、成長に影響が出たりダメージを与えてしまいます。

そのため毛周期などを気にせずに施術を行ってしまう技術力のないアイリストの元では、かえってエクステを受けることでどんどんまつ毛のダメージが蓄積することから、危険な行為だといわれている理由です。他にもまつ毛エクステが危険な理由として、接着で使用するグルーは空気に触れるとホルムアルデヒドと呼ばれる物質が発生する特徴を持っています。そのためサロンでの施術は非常に慎重な作業となります。もしこのグルーが目に入ってしまうと、目の炎症や激痛が発生するだけではなく、視力の低下や失明といった重篤な状態になる可能性もあるのです。

そのため危険なグルーを慎重に取り扱ってもらうためにも、サロン選びは情報を元に選ぶようにすることをおすすめします。初めてエクステを施術する場合は、どのサロンを利用すればいいのか悩んでしまう方も少なくありません。施術料金のリーズナブルさやお店の雰囲気で選びがちですが、まず最初にチェックすべきなのがどんなグルーを利用しているか、資格を有しているアイリストがいるかという点です。特にグルーは海外製だと一部の原材料に粗悪な成分が含まれているため、きちんと品質管理されている国産の刺激が少ないグルーを使用しているサロンを選ぶようにすることが大切です。