まつ毛も体毛!抜けたり生えたり毛周期があります

きれいな目元

人間には様々な体毛が生えていますが、どの体毛もそれぞれの毛周期が存在しており定期的に古くなった毛は抜け落ちて、新しい毛に生え変わっていくサイクルが繰り返されています。女性の多くが長くボリュームアップしたいと考えているまつ毛にも毛周期があり、適切にまつ毛の毛周期を正しく理解していれば、普段のお手入れやエクステを行う適切なタイミングなどを把握することが出来るようになります。

まずは人間のまつ毛の毛周期のサイクルはどうなっているかというと、毛母細胞からまつ毛が伸び始めている段階で毛そのものが皮膚の中に隠れている状態を成長初期と呼びます。成長期に入るとまつ毛がぐんぐん伸びていき太くて濃い毛に成長していきます。1日で約0.1~0.18mm程の速さで伸びていき、毛周期の約8割がこの成長期に当てはまります。

成長が完全に止まり長さが保たれている状態を退行期と呼び、この時点で毛から毛母細胞が分裂しているのでいつ抜けてもおかしくはない状態です。最後は古くなった毛が抜け落ちて次の毛が生えてくるまでの期間を休止期と呼びます。毛が抜けてしまったので、次の新しい毛を生やすために栄養分を溜め込んでいる状態となります。

こういった一連の流れが1サイクルとなり、全てがいったん完了するまでにかかる期間は1ヶ月~3ヶ月ほどだといわれています。髪の毛の毛周期は2年から6年といわれているので、髪の毛と比較するとまつ毛はかなりの頻度で生え変わりが行われていることがわかります。
この毛周期を理解した上で適切なケアを行うようにすると、成長期でより長く太く伸ばすことも可能ですし、退行期で抜け落ちてしまうのを遅らせることが出来るようになり、長く綺麗なまつ毛を長期間維持することが出来るメリットがあります。

元々まつ毛が短く本数も多くないという方は、手軽にボリュームアップすることが出来るエクステが人気ですが、このまつ毛エクステを行うタイミングとしておすすめするのが毛周期の中で退行期にあたる期間です。成長期の毛に対してエクステをつけてしまうと、本来はこれからどんどん伸びていくはずのまつげに対して負担がかかり、自まつげを傷めてしまう原因となります。また成長期の毛に無理にエクステを装着してしまうと、その後も成長が続くので全体の長さや向きにばらつきが出る恐れがあるので、アイリストと相談をして毛周期に合わせて適切な施術を受けることが重要です。